MENU

MENU

INFORMATION

2022.02.28
【蒼葉 こころ】

古書の据えた匂いが好き。
シナモンの匂いが好き。
夏の日の雨の匂いが好き。

 

あなたは?
あなたはどんな匂いが好き?
わたしの胸元に漂う柔らかい匂い、
わたしの首筋から香るプワゾンの匂い、
わたしの蒸れたストッキングの匂い、
わたしのショーツに染み込んだ体液の匂い、
ぬらぬらした脇の匂い、
熱い聖水の匂い、
媚薬みたいな唾液の匂い、
ぜんぶわたしの匂い。

ほら。
はやく嗅ぎなさい。
今よ。こっちへ来て嗅ぐの。はやく。
もたもたしないで、早くここへいらっしゃい。そう、

わたしの


で「待て」。

まだよ、まだじっとしてて。わたしの合図で思う存分嗅がせてあげる、嗅がせてやるわ。ふふ
脚の真ん中にその頭をめり込ませ、わたしの匂いを覚えなさいね。
ドキドキ締め付けられる心臓とドクドク脈打つ男性器を感じなさい。
脳みそが沸騰して膨れ上がって弾けちゃうくらい夢中になって、わたしの匂いを嗅ぎ分けられる利口犬になるの。
苦しくて切なくて、わたしの匂いでしか興奮も幸福も勃起も自慰も妄想も精通も出来なくなっちゃえば最高ね。

「さぁ、嗅ぎにいらっしゃい」

 

【AMANDAスケジュール】
・3/2(水)15-22
・3/4(金)15-22
・3/6(日)14-22

一覧へ戻る

TOP